旅めもり

たびめもり

旅の思い出や子連れ旅、時々子育てについて記録するブログ

【岩手県・一ノ関市】紙すき館

紙すき館は猊鼻渓舟下りの前後におすすめです

f:id:nankonyan:20200820142903j:plain

先日、岩手県の一ノ関に息子と遊びに行って、猊鼻渓舟下りをしてきました。

時間に余裕があったので、猊鼻渓手前にある「紙すき館」で息子が紙すき体験をしました。

 

*現在コロナのため猊鼻渓舟下り、紙すき館ともに営業時間を短縮しています。行かれる際にはご注意ください。

 

紙すき体験をしてみる

f:id:nankonyan:20200820141749j:plain

お店の方が外にいるので、「紙すき体験をしたい」と言えば案内してくれます。

料金は1人だと1,100円(送料別)でした。

 

【紙すき体験の簡単な手順】

・木枠の中に大きなバケツに入ってる和紙の白い原料を流し込む。

・小さいバケツに入ってる好きな色水をかける。

・ヒモを使って絵を描いたり、葉っぱや花びらなどで自由に飾り付けする。

 

f:id:nankonyan:20200820140237j:plain

好きな花びらを選んで…

 

f:id:nankonyan:20200820140310j:plain

自由にペタペタ。

 

最後に原料の入った色水をもう一回かけて仕上げます。

ここまでだいたい15分位でできました。

 

出来上がった和紙は天日干しして後日自宅に郵送されます。

(封筒には自分で住所を記入します。)

息子は初めての紙すき体験、楽しそうにやってました。

 

店内

f:id:nankonyan:20200820142032j:plain

売店コーナーには和紙を作る道具の展示があります。

 

それから綺麗な和紙もたくさん売ってました。

息子が欲しいと言うので、100円〜150円位の和紙を選んで買いました。

家に帰ってから千切り絵遊びに使ってましたよ。

 

約一週間後、和紙が届きます

f:id:nankonyan:20200825160130j:plain

1週間後、息子が作った和紙が送られてきました。

結構豪快に原料かけてましたが、ちゃんとキレイな和紙になっている!

(原料はやさしくかけないと和紙がやぶけてしまうこともあるそうです。)

良い旅の思い出ができました( ^ω^ )

 

紙すき館への行き方

JR大船渡線猊鼻渓駅から歩いて約5分です。

駐車場もあります。

 

 

◆公式サイト

www.echna.ne.jp

 

■2020年8月訪問

 


 

行った日はとても暑かったです。

息子の顔があまりの暑さに真っ赤になってたので、帰りに猊鼻渓駅近くにあるコンビニに寄ってガリガリくんのアイスを買いました。

息子はガリガリくん食べるのが初めてで、おいしいーと喜んで食べました。

ガリガリくんって外側ガリガリ、中身シャリシャリで食感もいいですよねー。)

 

…が、気温が高くてガリガリくんの溶けるスピードが早く、半分ちょっと食べたあたりで地面に落ちました。

その時の息子の絶望と悲しみの表情が忘れられません…。