旅めもり

たびめもり

旅の思い出や子連れ旅、時々子育てについて記録するブログ

【岩手県・一ノ関市】猊鼻渓舟下り

猊鼻渓船下りでは別世界に来たかのような気分になれます

f:id:nankonyan:20200820151750j:plain

猊鼻渓舟下り。

10数年前に社員旅行で行ったことがあります。

川の水がとても綺麗で、お魚がたくさん見られて楽しかった記憶があったので、息子にもぜひ見せたいとやってきました!

 

最寄り駅の「猊鼻渓駅」は無人

f:id:nankonyan:20200820165458j:plain

一ノ関駅からJR大船渡線で約30分で行けます。

大船渡線は龍のようにくねくねしてることから「ドラゴンレール」と呼ばれてます。

 

猊鼻渓駅は無人駅でICカードは使えないので、一ノ関駅で切符を買いましょう。

(私はうっかりICカードで通ってしまい、猊鼻渓駅に降りる直前で気づきました…。)

 

f:id:nankonyan:20200820171115j:plain

大船渡線一ノ関駅気仙沼駅までは「ポケモントレイン」が土日や長期休みに運行されます。

駅名標にはポケモンのイラストが描かれています。

 

猊鼻渓舟下りの乗車券を購入

f:id:nankonyan:20200820144523j:plain

チケットは入口にある六角形の建物で購入します。

 

<料金>

大人:1800円

小学生以上:900円

3歳以上:200円

 

舟下りは往復で約1時間半あるのでリーズナブルな金額かと思います。

奥の建物にはちょっとしたお土産品が売ってました。

 

f:id:nankonyan:20200820144308j:plain

舟下りはだいたい1時間おきに出発します。

待ち時間は目の前の川や舟下りの舟を見て過ごしました。

 

f:id:nankonyan:20200820145235j:plain

売店には魚のえさが売られてます。

もし買いそびれても舟でも売ってるので大丈夫。

ここの餌やりは楽しいので、お子さん連れは多めに買った方がいいかも。

うちの息子は行きと帰りで合わせて4袋使いました(^^;)

 

いよいよ出航です

f:id:nankonyan:20200820151557j:plain

いきなり良い景色!!

川の両脇には高いところで100m以上の絶壁があって迫力満点です!

 

f:id:nankonyan:20200820151255j:plain

そしてこの川の透明度!

お魚さんが丸見えです(笑)

 

餌を川に投げると魚たちがすごい勢いで食いついてきました!

 

f:id:nankonyan:20200820151846j:plain

「ぼくにもください!」

と、カモたちもついてきます。

 

息子は景色見るより魚とカモへの餌やりに夢中でした。

 

f:id:nankonyan:20200820152030j:plain

途中の立ち寄りスポット。

よくわからないけどとりあえず船上からお賽銭を投げてしまいます(笑)

 

f:id:nankonyan:20200820152726j:plain

この景色を見ていると違う季節にも訪れて見たくなりますね。

紅葉の時期なんかとても良さそう。

冬景色も幻想的でいいかもしれない。

 

この日は気温が35℃でとても暑かったんですが、この舟下りではまったく暑さを感じませんでした。

 

舟下りは全国各地にありますが、竿一本で手漕ぎする舟下りはここだけだそう。

川の流れは穏やかで、水深も浅く、静かで安全に楽しめる舟下りです。

船頭さんは舟をこぎながらもユーモアのある話でお客さんを楽しませてくれます。

 

f:id:nankonyan:20200820152912j:plain

折り返し地点で一旦舟を降りて20分ほど散策時間があります。

 

f:id:nankonyan:20200820153601j:plain

一番奥にある大猊鼻岩(124m)

その迫力に圧倒されます。

 

f:id:nankonyan:20200820154031j:plain

ここでは「うん玉」という運試しの石が売ってます。

(5個で100円)

 

f:id:nankonyan:20200820154133j:plain

矢印の下にある穴にうん玉が入ればラッキー!

しかし、遠すぎるww

 

以前はもう少し手前に行けたんですが、台風の被害の影響で投げる場所が壊れてしまったそうです。

それでもあきらめない息子は10個投げてました。

 

そしてまた舟に乗って帰ります。

行きは川を上り、帰りがまさに舟下り。

(舟下りで川を往復するのも珍しいそう。)

 

往復1時間半だと長いかなと思いましたが、素晴らしい景色に癒され、息子はえさやりや石投げを楽しみ、あっという間に時間は過ぎました。

 

猊鼻渓舟下りへの行き方

JR大船渡線猊鼻渓駅」より徒歩約5分です。

駐車場もあります。

 

 

◆公式サイト

www.geibikei.co.jp

 

*コロナの影響で最終便の時間が変わってる場合があります。

公式サイトなどで確認してから行きましょう。

 

■2020年8月訪問

 


 

息子は夏休みの頃、ニンテンドースイッチの「ペーパーマリオ」というゲームで遊んでました。

ゲームの中で和風のエリアがあり、そこで舟下りの場面があったのです。

それを見て猊鼻渓の舟下りを体験させようと思いつきました。

旅のヒントをくれてありがとう!